Canvaの有料と無料の違いを徹底解説!ProとFreeを比較してみた

Canvaの有料プラント無料プランの違い

簡単にプロ並みのデザインができるツール、Canvaですが有料と無料ってどこが違うんだろう。と疑問に思いませんか?

どうせ使うなら、使える物をしっかり使いこなしたいですよね。

本記事では、Canva Pro(有料版)とFree(無料版)を比較して、徹底的に違いを解説いたします。

\ 今なら無料でProが試せる /

この記事を書いた人
みここ

<プロフィール>

Adobe製品とCanvaが大好きなフリーランスママ。

たまに気分によってPowerDirectorも使ってます。

動画編集や画像編集デザインをしている時は完全に時間を忘れる人です。

目次

Canva有料版と無料版を徹底比較!

まずはザックリ比較表を見てみましょう。

2022年12月時点の調べ

Pro(有料)Free(無料)
金額年間契約 12,000円
月契約   1,500円
0円
ストレージ1TB5GB
ワンクリック背景透過できるできない
テンプレート61万点以上25万点以上
素材1億点以上100万点以上
フォント数多い(3000種類以上)少ない(約1000種類)
フォントアップロードできるできない
画像サイズ変更できるできない
背景透過書き出しできるできない
JPEG 書き出し高画質できるできるが画質が落ちる
PNG 書き出しできるできる
PDF書き出しできるできる
SVG書き出しできるできない
MP4動画書き出しできるできる
SNSスケジュール設定できるできない
カスタマーサポート24時間年中無休時間がかかる
Canva有料と無料の比較表

\ 今なら無料でProが試せる /

Canva 無料と有料の違いを細かく見てみよう

ここからは違いを見ていきましょう

Canvaプランの金額

Pro(有料)Free(無料)
金額年間契約 12,000円
月契約   1,500円
0円

有料は月契約で払うと1500円ですが、年間で契約すれば12000円です。

月で換算すると1ヶ月あたり1000円になるのでしばらく使い続ける予定なら年間契約がお得です。

無料の場合はできる事が限られてきますが、初めはProお試し期間があるのでまずはしばらく試してみてから考えるのがおすすめです。

まずはProの無料お試しを使ってみよう

クラウドストレージ

Pro(有料)Free(無料)
ストレージ1TB5GB
ストレージの比較

クラウドストレージって何?

クラウドストレージ

クラウドストレージとは画像や動画などをインターネット上で保管できる場所の事。
ざっくりですが、写真一枚が2MBと考えると5GBの場合は約2500枚の写真が保存できるという事です。

1TBは1,000GBの事なので無料と有料では大きく違いますね。

有料なら容量を気にせずにたっぷりストレージが使えます。

ワンクリック背景透過

この違いは大きい!

Pro(有料)Free(無料)
背景透過できるできない
背景透過機能の違い
背景透過できるかが違う

背景を透過する事ができると合成も簡単なのでデザインの幅は多く変わります。

無料の場合は背景を透過することができないので、デザインの幅を広げたければProにするのがおすすめです。

テンプレート数

Pro(有料)Free(無料)
テンプレート61万点以上約25万点
テンプレート数の比較
テンプレートの数が違う

アイキャッチ画像など、最初のデザインを考えるのって結構大変。

でもCanvaのテンプレートがあれば簡単にプロ仕上げのアイキャッチやSNS投稿が作れます。

Proは61万点以上でどんどん追加されています。

素材の数

この違いは大きい!

Pro(有料)Free(無料)
素材の数1億点以上約100万点
素材数の比較

私がProを使ってる理由は大きくコレが理由

素材の数が格段に違う

SNSやブログなどの投稿の素材を探してダウンロードして作成するのって結構手間なんですよね。

Canvaだとその手間が省けてほしい素材がすぐに探せてそのまま使用できます

この素材使いたいな!というのはほとんどPro素材なので、それだけで有料で使う価値ありです。

フォント数

Pro(有料)Free(無料)
フォント数多い (3000種類以上)少ない(約1000種類)
フォント数の比較
使えるフォント数が違う

フォントもデザインでは大きく重要ですね。

フォントもProになると種類がかなり多くなります。

私の場合ですが、これ使いたい!というのはだいたいProのみ使えるフォントです。

フォントのアップロード

Pro(有料)Free(無料)
フォントのアップロードできるできない
フォントアップロードの違い

Canvaで用意されているフォント以外でも使いたいというフォントが出てきたりしますよね。

Proの場合は自分でCanva上にフォントのアップロードをする事ができます。

画像のサイズ変更

この違いは大きい!

Pro(有料)Free(無料)
画像サイズ変更できるできない
サイズ変更の違い

編集中や編集後のサイズ変更はProのみができます。

無料の場合は、サイズ変更したければ編集した後でも最初から作らないといけません。

背景を透過したまま書き出し

Pro(有料)Free(無料)
背景透過書き出しできるできない

背景を透過したままの状態でダウンロードするのはProしかできません。

ダウンロードはPNG形式とSVG形式を選んでチェックをすると透過したまま書き出しをする事ができます。

SNSスケジュール設定

Pro(有料)Free(無料)
SNSスケジュール設定できるできない

Canva Proではコンテンツプランナーが使えるので、Canvaから直接SNS投稿や予約投稿する事ができます。

この機能とっても便利

カスタマーサポート

Pro(有料)Free(無料)
カスタマーサポート24時間年中無休時間がかかる
サポートの比較

ツールに使いなれないうちは、いろいろ困る事やわからない事が出てきますよね。

Proなら24時間年中無休でサポートしてくれて安心。

無料でも問い合わせはできますが、返答があるまでに時間がかかります。

\ 今なら無料でProが試せる /

ダウンロードできるファイルの違い

ウェブデザインをするにはどのフォーマットで書き出しするか、画質はどうなのかも超重要です。

ここからは、どんなフォーマットで書き出しできるのかを見ていきましょう。

JPG形式での書き出し

Pro(有料)Free(無料)
JPG 書き出し高画質でできるできるが画質が落ちる
JPG書き出し

JPGでの書き出しは、Proの場合は最高画質でダウンロードできますが、無料の場合は画質が落ちます。

PNG形式での書き出し

Pro(有料)Free(無料)
PNG 書き出しできるできる
PNG書き出し

PNGでの書き出しは、有料でも無料でもどちらでもできます。

ただ、背景が透明なままの書き出しはProのみ。

PDF書き出し

Pro(有料)Free(無料)
PDF書き出しできるできる
CMYK選択できるできない
PDF書き出し

PDFダウンロードは印刷のファイル形式でもデータ形式でもできます。

2022年からはCanva ProでのみPDFの印刷形式ダウンロードでカラープロファイルでCMYKを選べるようになりました。

CMYKを選ぶと印刷の品質が格段に良くなります。

  • CMYKとは印刷に使用されるカラープロファイルの事
  • RGBはスクリーンやデジタルパブリッシングで使用されるカラープロファイルの事

SVG形式での書き出し

Pro(有料)Free(無料)
SVG書き出しできるできない

ベクター形式のSVGは拡大や縮小しても画像が劣化しません。

WEBデザインをするならSVG書き出しが必須!

SVG書き出しはProのみができて背景透過の書き出しもできます。

MP4動画の書き出し

Pro(有料)Free(無料)
MP4動画書き出しできるできる

最近は動画ブームですよね。

Canvaならちょっとした動画編集が簡単にできて、有料も無料もMP4形式で書き出しする事ができます。

Canva 有料と無料の違いのまとめ

こうやって見てみると、無料と有料では結構違いがありますよね。

まずは無料で試してみてから検討してみるといいですね。

今なら、Proの機能も無料で試せる期間があるのでぜひ使ってみてくださいね。

\ 今なら無料でProが試せる /

関連記事Canva Proでできることは何?無料版はココまでできるも解説!

あわせて読みたい
Canva Proでできることは何?無料版はココまでできるも解説! Canvaとはオンライン上で画像を編集したりデザインを作成したりできるツールです。 デザイン編集アプリやソフトはいろいろあるけどCanvaはどんなことができる? いろい...
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次