クレンジングシートは肌に悪い?乾燥肌と敏感肌には必見です

クレンジングシートは肌に良くない?

とっても手軽にどこでもメイクを落とせるクレンジングシート。

ただ、クレンジングシートや拭き取りクレンジングって肌に悪いのかな?と不安に思う事ないですか?

今回は、クレンジングシートは肌に悪いのか?のお話です。

この記事はこんな方にオススメ

  • クレンジングシートを使っている方
  • クレンジングシートは肌に悪いのかと疑問の方
  • 乾燥肌で悩んでいる方
  • 敏感肌で悩んでいる方
スポンサーリンク

クレンジングシートは肌に悪いの?

クレンジングシートや拭き取りタイプのクレンジング。

どちらも手軽に使えるのがクレンジングシートや拭き取りクレンジングの魅力ですが、実際肌に良いのか不安に思っていませんか?

何をしても肌が乾燥したり、敏感肌で悩んでいたり、この肌悩みもクレンジングシートが原因かもしれませんよ。

【結論】クレンジングシートは肌に悪いです

クレンジングシートは肌に悪い

基本的にクレンジングシートや拭き取りタイプのクレンジングローションは肌に悪いです。

正確に言うと「肌に負担をかけるので肌にやさしくない」という事です。

拭き取りクレンジングやシートはなぜ肌に良くないの?

どうしてクレンジングシートは肌に悪いの?

実際、私が美容の仕事をしていて乾燥肌で悩んでいる方にいろいろ聞いてみると、クレンジングはシートタイプを使っています。という方が結構います。

クレンジングシートや拭き取りのクレンジングは、「拭き取る」という行為自体が肌の表面を傷つけやすいんです。

下手すると肌の良い角層部分までゴッソリそぎ落としてしまいますので肌が傷つきます。

さらに、クレンジングシートの場合、肌表面だけ削れて肌の毛穴の奥に詰まった汚れやメイクを残したままにしやすいので、その点でもあまり肌には良くないです。

【チェック】こちらの記事もオススメです

クレンジングの種類/メリットとデメリット!美肌になるチョイ知識
毎日のクレンジング。何を買っていいか迷っていませんか?クレンジングには6種類のタイプがあります。それぞれの特徴やメリット、デメリットを知って自分に合うクレンジングの種類を見つけましょう。
乾燥肌や敏感肌は特にクレンジングシートはNGです
  • 乾燥肌の方
  • 敏感肌の方

この二つの肌質で悩んでいる方は特にクレンジングシートはやめておきましょう。

乾燥肌や敏感肌は肌の表面が削れている状態なので、そこにさらにクレンジングシートでこすってしまうと、肌表面がさらに削れて悪循環です。

乾燥肌や敏感肌はクレンジングは一番肌に負担がかからないクリームタイプがオススメです。

【チェック】こちらの記事もオススメです

絶対潤い肌になるクレンジングクリームの使い方と3つのポイント
クレンジングクリームは肌に一番負担をかけずにメイクを落としてくれます。ただ間違った使用方法だとせっかくのクレンジングクリームの良さが台無し、それどころか肌を痛めます。今回は正しいクレンジングクリームの使い方と3つのポイントをお伝えします。
普通肌やオイリー肌の方でも毎日のクレンジングシートは避けましょう

先ほど言ったように、敏感肌や乾燥肌の方にはあまりオススメはしませんが、オイリー肌や普通肌の方でも毎日はあまりオススメしません。

やはり、ふき取りの行為が肌を傷つけやすく、それとは逆に肌の毛穴の奥の汚れは残りやすいので肌トラブルの元になりやすいです。

クレンジングシートはライフスタイルによって使い分けましょう

クレンジングシートはとっても手軽で使いやすいですよね。

特に疲れている時などは拭き取ってそのまま「おやすみなさい」と寝たい時もあります。

基本的に肌に負担となるシートの毎日使いはオススメしませんが

  • 疲れている時
  • 時間がない時
  • 外出先
  • 旅行中

こんな時にだけクレンジングシートを使うとよいと思います。

「時と場合によって使い分け」ですね。

実際、私も外出先や旅行など、たまにクレンジングシートを使う時はあります。

クレンジングシートは肌に悪い?のまとめ

シートやコットンで拭き取るというクレンジングは美肌の為にはあまりオススメはしません。

特に乾燥肌や敏感肌の方は注意が必要。

ライフスタイルによってたまにクレンジングシートを使う場合も、力任せにゴシゴシ拭き取らずにやさしく拭き取るようにしてくださいね。

【チェック】こちらの記事もオススメです

洗顔の水の温度はどのくらい?お湯か水かをズバリお伝えします

洗顔の水の温度はどのくらい?お湯か水かを変えるだけでツヤ美肌
毎日の洗顔。お湯がよいのか水がよいのか迷っていませんか?実は、この「洗顔の時の水の温度」も肌をツヤ肌に保つポイントひとつなんです。特に乾燥肌の人はまず洗顔の時のお湯の温度を見直す事が大事。今回は洗顔の水の温度についてのお話です。

乾燥肌は洗顔しないほうがいい?それがトラブル肌の原因かも

乾燥肌は洗顔しないほうがいい?それがトラブル肌の原因かも!
乾燥肌や敏感肌は洗顔しないほうがいいのか疑問に思っていないですか?実際、朝は洗顔をしないほうがいいなどの美容法もありましたので悩んでいる方も多いのではないでしょうか。乾燥肌や敏感肌は洗顔するのかしないのか、その疑問にお答えします。

コットン使用は肌に悪い?化粧用コットンのメリットとデメリット

コットン使用は肌に悪い?化粧用コットンのメリットとデメリット
化粧水は手でつけたほうが良いと聞いたり、コットンを使ったほうが良いと聞いたり、メーカーによってもいろんな美容理論や考え方があるのでコットン使用についてはとても迷いますよね。今回は化粧用コットンが向いている肌と向いていない肌のお話です。

絶対潤い肌になるクレンジングクリームの使い方と3つのポイント

絶対潤い肌になるクレンジングクリームの使い方と3つのポイント
クレンジングクリームは肌に一番負担をかけずにメイクを落としてくれます。ただ間違った使用方法だとせっかくのクレンジングクリームの良さが台無し、それどころか肌を痛めます。今回は正しいクレンジングクリームの使い方と3つのポイントをお伝えします。

クレンジングの種類/メリットとデメリット!美肌になるチョイ知識

クレンジングの種類/メリットとデメリット!美肌になるチョイ知識
毎日のクレンジング。何を買っていいか迷っていませんか?クレンジングには6種類のタイプがあります。それぞれの特徴やメリット、デメリットを知って自分に合うクレンジングの種類を見つけましょう。

クレンジングは必要?ノーメイクの日は必要ない?その疑問にお答え

クレンジングは必要?ノーメイクの日は必要ない?疑問にお答えします
スキンケアアイテムの「クレンジング」。クレンジングは本当に必要なのかな?ノーメイクならクレンジングは必要ないんじゃないかな。そんな事を思っていませんか?今回はクレンジングの必要性についてお話します。

クレンジングシートは肌に悪い?乾燥肌と敏感肌には必見です

クレンジングシートは肌に悪い?乾燥肌と敏感肌には必見です
手軽に使えるクレンジングシート。ただ実際のところクレンジングシートや拭き取りクレンジングって肌に悪いのか良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか?今回はクレンジングシートのお話です。

顔のマッサージいつのタイミングでするの?どの順番?疑問にお答え!

顔のマッサージいつのタイミングでするの?どの順番?疑問にお答え!
顔(フェース)のマッサージっていつのタイミングでどの順番かわからない。と疑問に思ってる方も多いと思います。マッサージクリームやマッサージオイル、マッサージグッズもいろいろありますし悩みますよね。今回はマッサージのいつどの順番かをお答えします。
日焼け止めを塗る時期は何月から何月まで?ズバリお答えします!
日焼け止めを塗る時期は何月から何月までなんだろうと疑問に思っていませんか?実は日焼け止めを塗る時期は人それぞれ違ってきくるんです。今回は日焼け止めを塗る時期は何月から何月までかについてズバリお話します。
日焼け止めを塗る順番はいつ?日焼け止めと化粧下地の順番はコレ
肌に塗るものが多くて日焼けどめをどの順番でつけていいかわからないと思っていませんか?特に化粧下地と日焼け止めはどっちが先かわからないという方も多いと思います。この記事では日焼け止めの順番について説明します。
去年の日焼け止めの残りは使える?夏の日焼け止めの使用期限
日焼け止めを塗る時期になってくると、去年の夏の残りがまだ余っていた。これって使えるのかな?使えないのかな?そんな疑問出てきませんか?今回は日焼け止めのタイムリミットについてのお話です。
古い日焼け止めは効果ナシ?肌荒れが心配ならまずチェック
古い日焼け止めって使えるのかな?紫外線カット効果が薄れてないかな?肌荒れしないか不安。などなど・・・日焼け止めはシーズン品なので、いざ日焼け止めを塗ろうとしたら、こんな事ってありますよね。今回は「古い日焼け止め」についてのお話です。
2月も日焼け止めが必要?おすすめ日焼け止め【白雪肌を守る知識】
まだまだ寒い2月は肌の乾燥が気になる季節。この時期は日焼け止めを塗るのかな?まだ塗らなくてもいいかな?と少し迷う時期でもありますよね。今回は2月は日焼け止めは必要か?という美肌知識とこの時期におすすめの日焼け止めをご紹介します。
【春到来】3月と4月の日焼け止めはSPFよりコレが重要!
春到来。3月と4月はポカポカ陽気で気分も晴れるですがやはり気になってくるのは紫外線。ただ、紫外線が強くなっているからとにかく日焼け止めを塗ればよい!という訳ではありません。まずは今の肌状態をしっかり確認してから日焼け止めの準備をしましょう。
error:Content is protected !!