敏感肌とコットンの関係

敏感肌とコットン

皮膚がうすい、肌が赤くなりやすい。
そんな方は、物理的刺激に弱いのかもしれません。

では物理的刺激とはなんでしょう?

スポンサーリンク

敏感肌とコットンの関係

それは、物による、お肌への刺激の事です。

コットンもそうですよね。

化粧品メーカーや美容方法、考え方によってもコットンひとつの使い方でも
「パッティングしながらつける・・・」
「ふき取るようにつける・・・」
など全く使い方が違います。

ただ、物理的刺激、コットン事態にとても弱いお肌の方もいます。

それと、コットン事態には弱くないけど、コットンの正しい使い方が間違っていて肌を刺激してしまっている方もいます。

どんな人がコットンに弱い?コットンの正しい使い方は?

◆こすったりすると肌が赤くなりやすい

◆コットンの綿が肌に残るとかゆいなどの違和感がある

◆コットンを使うと肌が痛くなる

◆季節の変わり目や花粉症などで、たまに肌がかゆくなる

◆コットンパッティングの時かなり強くパッティングしている

◆ふき取り化粧水などゴシゴシ強くこすっている

◆自分は皮膚が薄いと思う

どうですか?
何かひとつでもあてはまりましたか?
ひとつでも心当たりがある人は
コツトンが肌にあわないのかもしれません。
「コットンがお肌を刺激してるのかも・・・」
と思い当たる方は、コットン使用は、すぐにやめましょう。
化粧水、乳液などは、手でやさしくこすらないようになじませる。
最後に手の温かさでじわじわ浸透させていきましょう♪

最後に

コットンの使い方ひとつで
すごく化粧品が浸透しやすくなったり・・・
コットンて、魔法の道具なんです・・・
ただ、それは、トラブルのない健康な肌の方のみ・・・
全ての方が そうではありません。
コットンは、時にして、刺激にもなってしまいます。
自分は、何に弱いのか・・・
それはコットン事態なのか・・・
コットンの使い方が悪いのか・・・
それは、一時期的なものなのか・・・
しっかり自分の肌の声を聞いてあげましょう。

自分は、手でつけたほうがいいのか、コットンがいいのか
しっかりみきわめましょう♪